日本国内レッスン

中納徹のレーシングドライビングメソッドを理解頂き、賛同して下さるプロドライバー、プロインストラクターから、日本国内でもドライビングレッスンを受けられます。

以下に挙げさせて頂いたインストラクターの皆さんは、日本国内に限らず、海外レースの経験も豊富で、イギリスの老舗レーシングスクールのドライビング理論を習熟されています。

尚、ドライビングレッスンのお問い合わせはご本人へ直接行って頂く事も可能ですし、当方へご連絡頂く事も可能です。

日本国内 インストラクター

下島 洋介(しもじま ようすけ)

Yosuke Shimojima 下島洋介 インストラクター レーシングドライバー

ウェブサイト: http://abbeyracingsuzuka.jimdo.com/

全日本レベルのモトクロスライダーとして活躍の後、レーシングカートへ転向。その後は四輪自動車レースへ戦いの場を移し、FJ1600、F3、スーパーGTを含み、数々のレーシングシリーズに参戦。レース以外ではチューニングカーやレーシングカーの開発ドライバーとしても活躍する傍ら、自身が代表を務めるレーシングガレージ Abbey Racing Suzukaでは、プロを目指す若手ドライバーからジェントルマンドライバーまで、幅広い層のドライバーのレース参戦をエンジニア、メカニックとしてサポートしているオールラウンダー。イギリスのレーシングスクールと、レッスンプロのレッスンを網羅するイギリス修行の後、ハコ車を使用したマンツーマンのドライビングレッスンにも積極的に取り組む。

安岡 秀徒(やすおか ひでと)

Hideto Yasuoka 安岡秀徒 レーシングドライバー

ウェブサイト: http://www.hidetoyasuoka.com/ https://www.facebook.com/HidetoYasuoka

13歳からカートレースを開始し、国際レースでの優勝も経験。2001年にシルバーストーンレーシングスクールでイギリスのレーシングドライビング理論を学習。2002年、イギリスのBRDCフォーミュラフォード選手権で四輪自動車レースデビュー。デビューイヤーからシリーズチャンピオンを獲得後、2003年はフォーミュラフォード英国選手権に参戦。2004年からは日本国内に活動の場を移し、フォーミュラトヨタの年間チャンピオンを獲得後、全日本F3選手権に参戦。その後、ハコ車のレースへ転向し、2011年には11戦全勝でポルシェカレラカップジャパンのシリーズチャンピオンとなり、2012年からは全日本スーパーGT選手権 GT300クラスへの参戦を続ける。イギリス修行時代からレーシングドライビングの研究には人一倍熱心で、現在はインストラクター業にも従事。得意のPCスキルを活かし、eXcape Entertainment Japanの主要メンバーとしてレーシングドライビングシミュレーターの普及とシミュレータードライビングインストラクターとして、日本及び世界を舞台に、より安全かつハイレベルなレーシングドライビングの普及に取り組んでいる。

山口 礼(やまぐち れい)

レーシングドライビングインストラクター 山口礼 Rei Yamaguchi

ウェブサイト: https://www.facebook.com/RayYamaguchi

レースとの関わりは10代の中頃に某レーシングドライバー育成プロジェクトにて、体力、知力のみを選考基準とする選考会でスカラシップを獲得した事がきっかけという異色のプロフィールを持つ。レーシングカートの開始は16歳からと一般的には遅めと言えるが、18歳の時には早々とFJ1600で四輪自動車レースデビュー。19歳でイギリスのフォーミュラフォードに参戦するべく単身イギリスでの武者修行へ。その際にシルバーストーンレーシングスクールでイギリスのレーシングドライビング理論を学習。2005年に日本へ帰国後は、フォーミュラルノーへの参戦を経て、走行会やレーシングドライバー向けのレーシングインストラクター活動を開始。現在は、自動車メーカーの新車開発ドライバー、ディーラー向け新車販促アドバイザー、安全運転講習インストラクター、レーシングドライバーと幅広いジャンルで活躍中。

サブコンテンツ

このページの先頭へ